Entry

ビジネスソリューション第二本部
ソリューション2グループ コンサル営業
菊池 晴香

現在の主にどんな業務をしていますか?(転職前も含め)

 

新卒で就職した先は、ベビーカーや抱っこ紐を取り扱うベビーメーカーで、法人営業を担当していました。
商品をベビー専門店へ卸していくというスタイルです。
現在の担当業務は製薬・食品系・官公庁等のクライアント様への課題解決・提案型営業を行なっています。

 

 

 

入社のきっかけと入社を決めた理由は?(入社後のギャップは?)

 

ベビーメーカー勤務後に転職した際に、転職先の方がFRONTEOの子会社で働くことになり、お声がけいただいたのがきっかけです。
そのようなご縁もあったのですが、入社を決めた一番の理由は、営業職として魅力的に感じたという点です。FRONTEO入社以前に従事していた仕事は営業職ではなかったのですが、元々法人営業に挑戦し自分のキャリアの幅を広げたい気持ちが強く、またFRONTEOのサービスが今まで扱ったことのない未知なものだったことから、挑戦心が湧きました。
 

自由度も高く色々トライできそうだなと感じ、まだまだベンチャー的な会社なのでこれからトライしていける要素が多いことが魅力的で面白いかなと思いました。業界的にも人工知能は2,3年前にこれからという時期だったのと、FRONTEOはテキスト解析AIを扱う会社の中では実績豊富であり多分野に積極展開していたので、その市場に入れるというのは面白そうかなと。とはいえ、正直なところ製品やサービスのことを完全に理解してから入ったというわけではないのですが(笑)

 

入社後のギャップは、AIを扱う会社という先入観からすると、意外にお堅い会社という印象でした(笑) 社長が元自衛官ということは聞いていたので何となく体育会系の営業マンがたくさんいそうなイメージでしたが、実際に入ってみると営業営業した雰囲気ではなく、落ち着いて物腰柔らかな、気さくな社員が多いのが印象的でした。

 

 

FRONTEOのプロダクトを営業する上で必要なことは何ですか?

 

営業で活躍する人でも二種類のタイプがあって、自社のソリューションの形を創造的に革新しながら提案を生み出していけるタイプの人と、決まった型というか、パッケージングされた型をルーティン的に効率よく売れるタイプの人に分かれると思っています。売上を上げていく為にはどちらのタイプの人も不可欠なのですが、私のチームでは現状、前者のタイプの人の方が苦にはならないと思います。FRONTEOのソリューションは、定型商材というよりも、案件の都度そこに新しいソリューションの形を生み出していく提案型営業の性質が強い一方、提案営業が誰でも出来るかと言うとそうではないです。実はそこが今の営業チームの課題だったりするのですよね。ゼロベースで提案を考えてソリューションを生み出せる営業の仕方ができる人って一握りしかいなかったりもしますからね。

 

FRONTEOの技術にこの要素のこの部分だけ付け加えたらクライアントさんの課題解決できるよね。と、ベースはあるけどそのベースをどう変容していくかなどを楽しんで考えられる力があるといいなと思います。

 

 

 

 

 

 

仕事で大変なこと、やりがいはなんですか?

 

規模の大きな商談になってくると、案件として営業だけで提案解決出来ず、チームや組織を越えて調整する機会が多くなることがあります。また、時間を掛け調整したにも拘わらず契約まで至らないということもあるので、そういった点は大変ですね。

やりがいは、クライアント様に、FRONTEOに依頼して業務が楽になった・効率的になったと言われることが営業としての醍醐味ですし一番嬉しいことだと思っています。

FRONTEOとして価値のあるビジネスを受注することが出来た際も大きな手ごたえを感じます。
また、顧客の業務理解を深くしていく必要性があるので、クライアント様とコミュニケーションを密にとる分、仲良くなれることが面白いです。

 

 

 

今後業務で注力していきたいことはなんですか?

 

新しいソリューションを検討して生み出していかなければと考えています。
今まさに強化しようとしているのはOSINT(Open source intelligence)に関するものです。これをソリューションとして確立させつつ横展開していこうと動いています。
OSINT(オシント)とは情報収集のことなのですが、ニュースをクローリングしてきて本当に必要な情報の網羅性を高くし、キーワードだけでは抽出できない情報を上位に抽出するというソリューションの強化を全社プロジェクトとして進めています。そこをさらに販売強化していきたいです。

様々な業界に刺さるパッケージ的なソリューションも今後増やしていきたいですね。
この業界でこのソリューションがあれば刺さるよという提案があればいつでもお待ちしております笑

 

 

 

どんな人と働きたいですか?(応募検討者へメッセージ)

 

FRONTEOでは、ITリテラシーが高くないと営業ができないということはないです。ただ想像力はあった方が良いですよね。課題形成力のほうがどちらかというと重要視されます。逆に言うと、「他社でAI製品めちゃくちゃ売っていました!」という方が活躍できるというわけでも決してないです。

完成されたAIのパッケージ製品を売っていた経験値よりも、FRONTEOでは、想像力のほうが必要です。コミュニケーション力が高い人、枠にとらわれず物事を見れる人が向いています。ある程度の経験を積んで、新しいこともしていこうと考えている方はマッチするのではないのかなと感じます。

まとめると、想像力があり、枠にとわられず、クライアント様の課題をヒアリングできる方です。
さらにテキストデータ解析だけではなく、幅広くお客様の今の課題を聞きだし、チームでビジネスをすることを楽しめる人。
また、FRONTEOでは整備されていない部分もまだあるので、それを苦しまずに仕組みをつくっていける人ですね。

 

 

 

最後に、お子さんがいらっしゃるとのことですが、家庭と子育て、仕事の両立はしやすい環境ですか

 

はい、とても働きやすいです。

一応数字を持っている営業なので、月末等の忙しい時期は淡々と仕事を遂行している節はありますが、入学式など子どもの行事ではお休みをとります。上司も含め皆さん理解がある方なので、子どものことではお休みしづらいっていうことは今の時代当たり前ですが無いですね。もちろんお父さんお母さん関係なくお休みを取っています。営業さんも子どもがいる方が半分以上いますし皆さんうまく業務を調整して働いています。それぞれの子どもの成長を楽しんでいる環境でもあります笑

最近家で子どもにこんなことを言われた等の話にもなります。現在ではコロナの影響もあり社長からは自宅で子どもを見ながら無理なくやってもらう形でいいよと言ってもらえたりもして。その辺は助けてって言えばいつでも助けて頂ける環境です。

 

 

※インタビュー内容は2020年4月末時点の情報てす。